経営支援税理士への道 税キャリ 税理士×キャリアパス

税理士として描けるキャリアパス

経営支援税理士への道 -税キャリ- 税理士×キャリアパス » 会計士・税理士としてキャリアアップを図りたい方のためのお役立ちコラム » 監査法人を辞めたい!公認会計士からのキャリアチェンジとは?

監査法人を辞めたい!公認会計士からのキャリアチェンジとは?

ここでは、監査法人を辞めたいと考えている公認会計士の方のために、おすすめの転職先をまとめています。ぜひ参考にしてください。

目次

公認会計士からの5つのキャリアチェンジ先

監査法人を辞めたいと考えている公認会計士の方に向けて、転職先の候補として挙げられるものを以下のとおりピックアップしました。

それぞれについて、主な仕事内容やメリット・デメリットなどを見ていきましょう。

1:事業会社

中小企業から大企業まで、その規模にかかわらず多くの事業会社が企業内会計士の雇用・募集を行っています。具体的な仕事内容としては、経理・財務部門における業務全般、株主総会や監査対応などが一般的です。

こうした事業会社での勤務では、監査法人と違って長時間残業や激務を強いられることはあまりありません。また、監査サイドで培ってきた経験は監査されるサイドの一般事業会社で貴重視されるため、好条件での転職も期待できます。

とくに中小企業やベンチャー企業からのニーズが高い

なかでも、中小企業からの監査法人経験者の採用ニーズは高いと言えます。IPO準備や、内部監査部門の主力人員としての活躍が求められるでしょう。財務分野の専門的知見を生かした経営判断等を期待され、役員待遇で迎えられるケースもあります。

また、IPOを目指している段階のベンチャー企業では、監査法人経験者を経理責任者やCFO候補として迎えるケースも少なくありません。経理・財務といったバックオフィス部門の専門知識を持つ優秀な人材の確保に悩まされているところも多いため、より高待遇での転職が期待できるでしょう。ただし、成長途中の組織である分、財務に留まらず経営自体に携わらずを得ない状況になることが考えられます。そのため公認会計士のスキルのみを生かすというよりは経営全般に挑戦したいという方のほうが向いているでしょう。

2:FASファーム

クライアントに対し、財務関連のアドバイスやサポートを行う「FASファーム」。組織によってその構成は異なりますが、一般的には、財務デューデリジェンス、バリュエーション、PMI、フォレンジック、リストラクチャリング、M&Aアドバイザリーなどのサービスラインを備えていることが多いです。

こうしたFASファームへの転職では、監査にプラスした専門知識が求められるケースが少なくありません。そのため、監査法人での経験が浅い公認会計士や監査の経験しかない公認会計士よりは、英語力やIPO経験といったプラススキルを有している公認会計士におすすめです。

3:コンサルティングファーム

上で解説した「FASファーム」は特定の分野に特化したアドバイスやサポートを行いますが、コンサルティングファームは企業の多様な課題をトータルに解決することを目的としているところが多いです。

ただもちろん、ファームによって強みは異なるため、会計・財務系コンサルティング、企業・事業再生系コンサルティング、税務系コンサルティング、戦略系コンサルティングなどがあります。自分がどういった専門スキルを磨いていきたいのかを考えながら選びましょう。

4:税理士法人・会計事務所

いずれ独立開業したいなら、税理士法人や会計事務所がおすすめです。

公認会計士の資格を持っていれば税理士登録が行えるため、業務移行もスムーズです。会計の専門知識を持つ公認会計士なら監査業務との連続性のなかで税務に触れられるため習得も早いでしょう。

なお、独立開業に向けて経営スキルや営業スキルを学びたい場合は、大手より小・中規模のところのほうがより身近に学びやすいです。

5:M&Aアドバイザリー

監査業務の知識やスキルをそのまま生かしたい方におすすめの転職先です。監査に精通した公認会計士なら、企業価値評価やDDにおいてそのスキルを発揮することができるほか、税理士や弁護士と提携してM&A計画の全体バランスもとれます。

近年M&Aの需要が増しているため、高い将来性も期待できる転職先と言えます。

公認会計士は30代の転職希望者が多い?

公認会計士の転職希望者は、その半数近くが30代です。ここ何年かで40代以降の転職希望者も増えましたが、やはり30代の公認会計士が最も多く転職活動をしています。

ある程度実務経験を積み、今後のキャリアを考えてまだ若いうちにと転職活動を始める方が多いのかもしれません。

監査法人の公認会計士から転職した男性

転職をした方にお話しを聞きました!

監査法人の公認会計士から税理士にキャリアチェンジ

監査法人の公認会計士から、税理士法人の税理士へと転身した30代の方にインタビュー。転職のきっかけ、今のお仕事、税理士の仕事の楽しさ、面白さについてお伺いしています。ぜひチェックしてみてくださいね。

自分が転職において何を重視するかによって、転職先を考慮しましょう

監査法人からの転職先としていくつかの候補を紹介してきましたが、どこに転職するかは、自分が転職において何を重視するかによって決めることが大切です。

たとえば仕事の幅を広げたいなら、監査で培った業務スキル以外のことも求められる税理士法人・会計事務所やFAS系コンサルティングファームなどが良いでしょう。

ワークライフバランスを重視したいなら、事業会社や中小監査法人がよいでしょう。

また、独立開業に必要なスキルを身に付けたいなら、税理士法人や会計事務所で税務スキルを磨くことが欠かせません。さらに、アドバイザリーやコンサルティングのスキルも磨いて他との差別化を図ることも重要となります。こういったスキルを働きながら習得できる企業としておすすめなのが、今回監修を依頼した「税理士法人スーゴル/スーゴルマネジメント株式会社」です。

会計税務を軸とした経営支援を行っている会社で、税務顧問業務・経営コンサルティング業務の両方を専門としています。そのため、独立開業に必要となる税務スキル、コンサルティングスキルの両方を習得することが可能です。