経営支援税理士への道 税キャリ 税理士×キャリアパス

税理士として描けるキャリアパス

経営支援税理士への道 -税キャリ- 税理士×キャリアパス » 会計士・税理士としてキャリアアップを図りたい方のためのお役立ちコラム » 公認会計士から税理士へのキャリアチェンジは正解か?

公認会計士から税理士へのキャリアチェンジは正解か?

公認会計士としてある程度の経験を積んできた方のなかには、「そろそろキャリアチェンジをしたいな」「次のステップに進みたいな」など考えている方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは公認会計士の転職先として注目されている税理士法人にフューチャーし、税理士法人への転職メリットや、その後のキャリアプランなどを解説しました。

公認会計士の、監査法人から税理士法人への転職に興味がある方はぜひ最後までチェックしてください。

目次

公認会計士が税理士になるには?

公認会計士の転職先として、近年、税理士法人が注目を集めています。税理士法人での業務は、公認会計士が持っている専門スキルと高い親和性があるからです。

また、公認会計士の資格をそのまま生かして働くことができるのも、税理士法人への転職が注目される理由です。税理士として働くためには「税理士会」への登録が必要で、本来この登録には“税理士試験の合格”が必須ですが、公認会計士はこの登録要件を満たさずとも税理士会に登録できるのです。税理士試験に合格しなくても所定の手続きのみで税理士の独占業務を行えるため、公認会計士から税理士へのキャリアチェンジには大きなメリットがあると言えます。

公認会計士から税理士へのキャリアチェンジがおすすめの人

いずれ独立開業したいと考えている

将来、独立して会計事務所を経営したいと考えている場合には、税理士法人に転職して実務経験を積むことをおすすめします。なぜなら会計事務所は税務に関するサービスをメインとするのが一般的なため、税務の業務経験がなければ運営が難しいからです。

また、独立して経営していくとなれば、クライアントや案件を自ら獲得する営業スキルや、経営スキルも不可欠です。こうしたスキルは、監査法人ではなかなか習得できるものではありません。

独立開業後に必ず必要となる税務スキルや営業スキルを身に付けるためにも、まずは税理士法人で経験を積むことをおすすめします。

もっと企業に寄り添う仕事がしたい、税務や会計のアドバイザリーに携わりたい

監査法人での監査業務では、法律に則って、第三者という公正な立場で仕事にあたるのが基本です。そのため、クライアントとは一定の距離感を持って接します。

こうした業務上の特色からか、「もっと企業に寄り添った仕事をしたい」「クライアントの利益のために自分のスキルを役立てたい」といった考えを持つようになる公認会計士も少なくありません。

こうした思いがあるのなら、税理士法人への転職がぴったりと言えます。税務や会計のアドバイザリー業務によって、直接的にクライアントの役に立てるからです。

幅広いスキルを習得したい

監査法人で培ってきた業務スキル以外のスキルも習得したいと考える場合にも、税理士法人への転職はおすすめです。税理士法人なら、相談対応や税務申告まで、幅広い業務経験を積むことができます。

スキルの幅を広げて今後のキャリアに生かそうと考える公認会計士にとって、税理士法人は非常に適した転職先と言えるでしょう。

監査法人の公認会計士から税理士にキャリアチェンジ

転職をした方にお話しを聞きました!

監査法人の公認会計士から税理士にキャリアチェンジ

監査法人の公認会計士から、税理士法人の税理士へと転身した30代の方にインタビュー。転職のきっかけ、今のお仕事、税理士の仕事の楽しさ、面白さについてお伺いしています。ぜひチェックしてみてくださいね。

税理士法人に転職後のキャリアプラン

公認会計士が監査法人から税理士法人へ転職した後のキャリアプランとしては、次のようなものが考えられます。

FAS・会計系コンサルティングファームに再転職する

M&Aや事業再生に関するアドバイザリー、バリュエーションサービス、フォレンジックなどを主に行うコンサルティングファームでは、「監査」「会計」「税務」「財務」といった幅広いスキルが求められます。そのため、監査法人と税理士法人で培ったスキルを存分に生かして働くことができるでしょう。

そして、こうしたスキルを実務に生かす経験をコンサルティングファームで積めば、次は金融機関や投資銀行、大手監査法人などでの要職に就くキャリアアッププランも考えられるようになります。税理士法人への転職をターニングポイントに、キャリアプランの選択肢を広げてみてはいかがでしょうか。

会計事務所を独立・開業する

「公認会計士から税理士へのキャリアチェンジがおすすめの人」の章で解説したように、税理士法人での業務経験は、独立開業において必要となる税務スキルや営業スキルを身に付けるのに大いに役立ちます。

税理士法人でしっかりと経験を積んで実力をつけたら、いよいよ目標の独立開業に踏み出すのも良いでしょう。

もちろん税理士法人でキャリアを重ねる道も!

転職先の税理士法人で充実した働き方を実現できたのなら、そのまま腰を据えて勤務を続けるのもおすすめです。

税理士法人の組織内で出世を続ければパートナー職などに就けることもあり、さらなるキャリアチェンジをせずとも十分なキャリアアップを目指せます。

監査法人以外にも広がる公認会計士の活躍ステージ

年々進む働き方の多様化、求めるニーズの多様化を背景に、公認会計士の活躍ステージは監査法人以外にも広がっています。

「同じ業務の繰り返しにそろそろ飽きてきた…」「繫忙期の激務に今後も耐えられるか不安…」「もっとやりがいのある仕事をしてみたい…」など考え始めたら、ぜひ今後のキャリアプランを改めて練ってみてはいかがでしょうか?

当メディアでは、監査法人の公認会計士から税理士にキャリアチェンジした方のインタビューを掲載しているので、ぜひ参考にご覧ください。

イメージ

税理士・公認会計士・資格勉強中の方に聞きました!

経営支援税理士を目指したきっかけとは?

税理士、公認会計士と一言でくくっても、その働き方は実にさまざま。税務の第一線で活躍する税理士、公認会計士、税理士の資格取得に向けて励んでいる方に、転職のきっかけをはじめ、経営支援税理士という職業のやりがいについて語って頂きました。