経営支援税理士への道 税キャリ 税理士×キャリアパス

税理士として描けるキャリアパス

経営支援税理士への道 -税キャリ- 税理士×キャリアパス » 社会人から税理士になるには|魅力あふれる 税理士の仕事

社会人から税理士になるには|魅力あふれる 税理士の仕事

税理士という仕事に魅力を感じ、社会人から税理士を目指そうと考えている人も多いのではないでしょうか。ここでは、社会人から税理士になるための方法をまとめています。

目次

社会人から税理士になるには?

「税理士となる資格」の取得+「実務経験」が必須

「税理士になる資格」を得るための3つのルート

この中でも一般的なのが、税理士試験の合格と2年以上の実務経験(試験合格前の実務経験を含む)を積むという方法です。

ここからは、社会人が税理士になるルートとしてメジャーなのはこの「試験合格(5科目)+実務経験」の組み合わせで要件をクリアする方法について解説します。

1:「税理士試験の合格と2年以上の実務経験(試験合格前の実務経験を含む)」ルートについて解説

試験に合格するには、必須の会計2科目+選択の税法3科目、計5科目の合格が必要

必須の試験、選択の試験については、以下になります。

必須科目:簿記論・財務諸表論

この2科目は必ず合格しなければならない会計に関する知識の科目。学習をはじめるには、日商簿記2級程度の基礎知識が必要になります。簿記論と財務諸表論は関連しているので、同時に勉強することにより効率よく、勉強できるでしょう。これから税理士の受験学習をする方は、ぜひこの2科目からはじめましょう。

選択必須科目:所得税法・法人税法

所得税法と法人税法は、どちらかに必ず合格しなければなりません。ただ、実務に役立つ科目のため、両科目の合格が理想です。ただ、短期合格をめざすなら、どちらか1科目。将来のことまで考えるならば2科目合格を目指すとよいでしょう。そのためには、しっかりとした学習計画が必要です。

選択科目:相続税/消費税or酒税法/事業税or住民税/固定資産税/国税徴収法

選択科目のうち、税理士業務において重要な科目は相続税法と消費税法。所得税法や法人税法に比べると、学習量が少ないのが特長。

税理士になるためには、11科目ある試験のうち、5科目に合格しなければなりません。その中には、必修の科目もあれば選択できる科目もあります。税理士試験の合格を目指すための科目の選び方について解説していきます。

税理士試験の合格率

税理士試験は非常に難易度が高く、近年の合格率は約2~3%と低い水準にあります。また、試験科目は4科目あり、全科目を一度に受けることは難しいため、多くの受験生は数年かけて科目を分けて受験します。
そのため、全科目合格までには平均して約4年を要するとされています。このような状況から、税理士試験の対策としては、早期からの学習開始や計画的な科目受験が重要となります。

税理士試験の合格率について
詳しく見る

経営計画書と事業計画書の違い

経営計画書と事業計画書の違いは、経営計画書が会社のビジョンや経営理念、経営戦略を示す書類であるのに対し、事業計画書はそのビジョンを実現するための具体的な計画を示すものです。
経営計画書は、会社の将来像を内外に示すために使用され、短期・中期・長期の計画に分かれます。長期計画は5年から10年程度の大枠を示し、具体的な数値設定は少ないです。中期計画は3年から5年で、売上高やコスト、利益推移を示し、短期計画は1年単位で具体的な業績目標を定めます。
経営計画書は、会社の目標の共有、現状の把握、資金調達のために重要であり、経営理念や方針を明確にし、事業計画を作り込む際の基盤となります。

経営計画書と事業計画書の違いについて
詳しく見る

税理士の試験は科目合格制なので、自分のペースで1つづつ試験合格を目指せます。

税理士試験は科目合格制なので、一度に5科目を受験する必要はありません。1科目ずつ受験することができ、合格した科目については生涯有効になります。そのため、複数年をかけて各科目の合格を積み上げ、5科目の合格を目指していくのが一般的です。

税理士試験に合格するまでには、早い人で2~3年といわれ、10年以上かかる人も珍しくありません。そのため、近年では科目免除制度を利用して税理士を目指す人も増えています。

参照元:スタンディング税理士(https://studying.jp/zeirishi/about-more/while_working.html)

未経験・税理士資格がなくても、
税理士法人で働きながら税理士を目指せるスーゴルとは?

税理士法人Soogol(スーゴル)
引用元HP:税理士法人Soogol(スーゴル)
https://soogol-recruit.com/

スーゴルでは、実務未経験からでも「中小企業の支援をしたい」と思っている方に挑戦できる環境を整えています。まずは税理士アシスタント・監査担当などから初めて、慣れてきたら徐々にステップアップ。着実にスキルを身につけることができます。

税理士法人スーゴルで税理士資格取得を目指しながら働いている方

実際に未経験からキャリアチェンジ、中小企業の支援・コンサル業務に携わるべく税理士資格取得を目指している方のインタビューを掲載しているので、ぜひご覧ください。

イメージ

税理士資格を持たずに、まずは税理士法人に転職!税理士補助などの仕事をしながら働くという選択肢も

税理士の資格取得に向けて励んでいる方に、転職のきっかけをはじめ、税理士という職業のやりがいについて語って頂きました。

税理士試験の受験資格

税理士試験を受けるためには、それぞれの科目で一定の要件を満たす必要がある

税理士試験の科目は全部で11科目あり、会計2科目、税法9科目に分けられます。税理士試験を受けるためには、それぞれの科目で一定の要件を満たす必要があります。

会計学科目は、これまで、高校生や大学1、2年生が受験するためには、日商簿記1級合格などの受験資格要件を満たさなければなりませんでした。しかし、2023年から受験資格要件が撤廃され、高校生や大学1、2年生でも受験できるようになりました。

税法科目は、学識、資格、職歴などによる受験資格のうち、ひとつの要件を満たすことで、受験資格を有することができます。

学識による受験資格

資格による受験資格

職歴による受験資格

学識による受験資格において「社会科学に属する科目」とありますが、これは、2022年度の税理士試験以前には「法律学又は経済学」に属する科目とされていました。

2023年度以降は、「法律学」に属する科目に該当していた法学、法律概論、日本国憲法、民法、刑法、商法、行政法、労働法、国際法等、また、「経済学」に属する科目に該当していた経済学、経営学、経済原論、経済政策、経済学史、財政学、国際経済論、金融論、貿易論、会計学、簿記学、商品学、農業経済、工業経済等のほか、社会学、政治学、行政学、ビジネス学、政策学、教育学、福祉学、コミュニケーション学、統計学、心理学等の科目が該当します。これらの科目は、文系学部・理系学部を問わず多くの学生に履修する機会があり、より多くの人が受験資格を得ることができるようになると考えられます。

学位取得による科目免除

受験科目の一部免除制度として、学位取得による科目免除があります。大学院に進学し、論文を執筆して学位を取り、かつ、税法に属する科目等を内容とする単位を4単位以上履修していると、税法3科目のうち、2科目を免除申請することができます。

社会人から税理士を目指すメリット

税理士という職業には、多くのメリットがあります。

  • 一般的な会社員と比べて年収が高い
  • 独立して開業ができる
  • 定年がないため、健康で意欲があれば生涯働き続けられる
  • 専門性が高く独占業務のある資格職であるため、出産や育児、介護などで一時的に離れても復帰しやすい
  • 時短勤務やパートタイムなどでも仕事がしやすい
  • 税理士としてはもちろん、コンサルタントや経理などのキャリアも見込め、転職の際に有利になる

税理士という仕事にメリットを感じ、社会人から税理士を目指す人もたくさんいます。社会人から税理士になるには、税理士試験を受けるという方法が一般的です。しかし、人によっては、すべての科目に合格するまでに10年以上かかることもあるため、受験科目の免除制度を利用する人も増えています。

税理士試験は難しい試験ですが、その分、やりがいも大きく、生涯現役で働くことができる魅力的な仕事です。人の役に立ちたい、スキルアップを図りたいという人にもおすすめです。